十勝といえば【ばんえい競馬】魅力満載!ばんば&とかちむらを家族や友人と楽しもう

十勝・帯広の観光スポットとして必ずといっていいほど紹介されるのが、「ばんえい競馬」。帯広競馬場で行われている、日本唯一のばんえい競走のことです。一般に知られる競馬のようにスピードを競うのではなく、パワーと駆け引きで繰り広げられるエキサイティングな競争は、間近で観れば夢中になること間違いなし。競馬場の敷地内には十勝のお土産や豊かな食材が手に入る「とかちむら」も併設し、十勝観光に便利なスポットでもあるのです。

ばんえい競馬って何なの?

一般に知られている「競馬」というのは、日本各地の競馬場で行われている、周回コースを使った平地競走のイメージだと思いますが、ばんえい競馬は全長200mの直線コースで、馬たちは重りと騎手を乗せたそりを引きながら、途中2カ所の障害を乗り越えてゴールを目指します。

どんなものかは、動画で見るのが分かりやすいかと思います。

平地競走の競馬と比べると、ゆっくりとしたペースですが、力のせめぎ合いや駆け引きといった、別の奥深さがありますね!
スタンドから観戦するのはもちろん可能ですが、コースのすぐ手前に設けられた「エキサイティングゾーン」では、ゴールに向かう馬たちについていって、間近で応援することができるのです。

このばんえい競馬、かつては旭川、岩見沢、北見競馬場でも開催されていたのですが、現在はここ帯広でのみ、地方競馬として開催されています。日本でも世界でも唯一のばんえい競馬の文化を遺していくために、関係者のさまざまな努力と工夫がなされ、競馬好きも家族連れも観光客も、誰もが楽しめるエンターテインメントとして運営されているのです。

主役は農耕馬の「ばん馬」、サラブレッドの2倍の重さ!
ばんえい競馬の主役である「ばん馬」は、かつての北海道開拓で活躍した農耕馬。農民たちがお祭り競馬として楽しんでいたものが発展し、現在のばんえい競走になったそうです。
banei_tokachi_003

ばん馬の体重は800〜1000kgと、平地競走のサラブレッドの2倍近くになります。脚も太く、どっしりとした迫力ある体格です!

banei_tokachi_002

筆者は北海道のある牧場で本物の農耕馬に出会ったことがあるのですが、その体の大きさや脚の肉付きはまさに、ばん馬の体格といえるものでした。畑を耕したり、切り出した木材を運んだりと、農民の重労働を助けた力持ちの馬たちが、競馬場で注目を浴びるスターのような存在になっているわけですね。

馬券を買えば、さらに熱く応援できる!

ばんえい競馬をライブで楽しむなら、まずは帯広競馬場へ。バスでアクセス可能ですし、駐車場も完備しているので、レンタカーでも直行できます。レース開催日は毎週土・日・月曜日です。

入場料100円(15歳未満は無料)を払って競馬場へ入ると、レースを観戦できますが、せっかく来たなら馬券を買ってみましょう。自分で馬券を買ったら、その馬への応援にも気持ちが入りますよ。
出走馬とそれぞれの成績から勝ちそうな馬を予想し、パドックで馬の調子や騎手との相性などを観察して、どの馬券を買うか決めましょう。平地競走の競馬と同じように、馬単や馬連などの買い方ができます。

banei_tokachi_001

ばんえい競馬の大きな特徴は、コースの2か所に設けられている障害です。重さ1トン近くにもなるそりを引きながら坂道を上るのは、力持ちのばん馬にとっても気合が必要。より大きな第2障害の手前ではほぼ必ず息を入れ、一気に力を開放して登っていきます。

この障害で力尽きて止まってしまう馬がいたり、大逆転を決める馬がいたりと、レースを複雑にする大きな要素になっています。ここは騎手の技量や駆け引きによるによるところも大きいようです。

banei_tokachi_005

ゴール判定は、平地競走では鼻先ですが、ばんえい競馬ではそりの後端がゴールラインを過ぎた時点でゴールとみなされます。

それでは、改めて動画で見てみましょう。

第2障害で先行逃げ切りを試みたり、周りの様子を伺って力をため、後から一気に追い上げを狙ったりと、さまざまな戦い方が交錯しているのが分かりますね。とんでもなく重たい荷物を引き、騎手のムチを何度も受けながら坂を乗り越えていく馬たちを間近で見ていると、思わず感情移入してしまいそうです。

このばんえい競馬、雪に閉ざされる冬でも開催していて、一年を通して観ることができます。
banei_tokachi_006

ヒーティング設備をそなえたコースになっているので、写真のように真冬のナイトレースなども行われています。冬の十勝を観光する場合でも、ばんえい競馬を体験するチャンスがありますよ。

家族で楽しめます。馬との触れ合いやイベント多数!

ばんえい競馬の楽しみはレース以外にもあります。敷地内の「ふれあい動物園」では、ばん馬やクォーターホース、ポニーたちと触れ合ったりニンジンをあげたりできるほか、乗馬体験なども可能。
ばん馬にまたがったり記念撮影をしたりと、家族で楽しめるイベントなども随時開催されています。
お出かけの前に、ぜひイベント情報をチェックしてみて下さい。

banei_tokachi_007

力持ちだけど優しい表情をしたばん馬と直接触れ合うのも、素敵な思い出になりそうですね。
競馬開催日には、普段は関係者しか入れない装鞍所(そうあんじょ)やきゅう舎などを見学できるバックヤードツアーも開催されています。

banei_tokachi_011

こちらはばんえい競馬のマスコットキャラクター、リッキーくん。競馬開催時やイベントなどで見かけたら、ぜひ握手したり記念撮影したいところですね!

banei_tokachi_008

同じく敷地内にある「馬の資料館」では、農耕馬の歴史を学べる豊富な資料が見られます。ばんえい競馬への興味と知識が深まったら、レースをより熱く応援したくなるかも??

十勝のお土産、新鮮野菜もここで! 競馬場敷地内にある「とかちむら」

競馬場の敷地内にあり、あわせて訪れたいのがこちら、「とかちむら」です。
banei_tokachi_009

とかちむらは3つのゾーンから成り、お菓子や地酒、グッズなどのお土産のほか、加工食品や地元産の新鮮野菜なども豊富に取り揃えています。

banei_tokachi_010

春の取材時に、とかちむらの「産直市場ゾーン」で入手した山わさびとアスパラガス。どちらも旬の食材です。

産直市場ゾーンの隣には、地元スイーツやグッズが手に入る「スイーツ&セレクトゾーン」や、十勝の新鮮な食材を使ったさまざまな料理が楽しめる「キッチンゾーン」があり、お土産を手に入れるだけでなく、食事や休憩もできるスポットになっています。

帯広市内で直売所に行きたい時、この「とかちむら」はアクセスも良好で、ばんえい競馬と一緒に訪問できるのが大きなメリット。上手に利用したいところですね。

さて、ばんえい競馬の魅力、感じられましたでしょうか?
実は、ばんえい競馬のイベントはここ帯広競馬場だけでなく、道内各都市、そして全国各地の競馬場などへ出張して行われています。

ここ最近でも、東京の大井競馬場、神奈川の川崎競馬場などでイベントが行われ、実際にばん馬が出張しています。お住まいの近くで開催されるイベントでばんえい競馬の雰囲気を味わいつつ、十勝への旅行ではぜひ本場の帯広競馬場に足を運んでいただけたらと思います!

●ばんえい十勝
http://www.banei-keiba.or.jp/

●とかちむら
http://tokachimura.jp/

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる