カップル・夫婦の旅行に最適!十勝観光のモデルコースとオススメ宿

見どころがたくさんあり過ぎる十勝エリア。カップルや夫婦で楽しむなら、絶景、アウトドア、体験、スイーツ、温泉、グルメなどをバランスよくコースに取り入れたいところ。今回は、時間や移動距離の面で無理のない、カップルにおすすめの観光モデルコースをご紹介します。

※トップ画像クレジット:
© TAGSTOCK2 – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/62045772

十勝の絶景とグルメ・スイーツを気軽に楽しめる、音更町・清水町1日コース

まずは、とかち帯広市内や帯広空港からもアクセスしやすい音更町からスタートし、少し足をのばして清水町のグルメを体験する1日コースです。
(ご紹介するスポットを効率的に訪問するため、レンタカーを利用することをおすすめします)

1. まずは十勝の大地と空を見渡そう。十勝が丘展望台

couple_tokachi_0012

十勝川温泉街からほど近い高台にある展望台。ここから広大な十勝平野をぐるりと見渡すことができます。まずは、十勝らしい絶景を眺めて、旅気分を盛り上げていきましょう。

ここは十勝川温泉の観光案内所から電動レンタサイクルに乗って来ることもできます。軽く身体を動かしながら、十勝の広大な景色を体感するのもおすすめです。

・十勝が丘展望台
北海道河東郡 音更町十勝川温泉6
http://www.tokachigawa.net/sightseeing/tokachigaoka.html

2. 絵になる撮影スポットはここ。十勝牧場の白樺並木

couple_tokachi_002
音更町の北側に広がる十勝牧場の入り口にある1.3kmの美しい白樺並木は、さまざまな映像作品のロケにも使われた場所。訪れる時間帯や季節によって、さまざまな表情を見せてくれます。並木の入り口付近に駐車スペースもあるのでアクセスは容易です。

また、十勝牧場内の高台にある展望台も、大雪山系、日高山系の山並みと十勝平野を一望でき、運が良ければ放牧された馬たちを見かけるチャンスも。

・十勝牧場
北海道河東郡音更町駒場並木8-1
http://www.nlbc.go.jp/tokachi

3. 十勝の銘菓を堪能する!柳月スイートピアガーデン

couple_tokachi_003

十勝エリアを代表する老舗である「柳月」。その定番のお菓子が写真の「三方六(さんぽうろく)」です。さまざまなバリエーションの三方六をはじめ、洋菓子・和菓子を手に入れることができるほか、カフェで実際に味わったり、体験工房でお菓子づくりに挑戦したり。スイーツ好きにはたまらない、お菓子のテーマパークといえるでしょう。

当ブログでも、この柳月スイートピアガーデンを特集した記事がありますので、こちらも参考になさって下さい。
スイーツ王国十勝のご当地グルメ特集!音更(おとふけ)限定の柳月銘菓を味わいに行こう

・柳月スイートピアガーデン
音更町下音更北9線西18-2
http://www.ryugetsu.co.jp

4. 「十勝千年の森」でチーズづくり体験

(北海道ガーデン街道協議会 提供)

(北海道ガーデン街道協議会 提供)

音更町から西へ、車で約45分のところにある「十勝千年の森」は、表情豊かなガーデンや森林を散策したり、広大な敷地をセグウェイで探検するツアーなどが楽しめるスポット。施設内にある十勝ナチュラルチーズ作り体験工房では、チーズの作り方を学び、実際にモッツァレラチーズのチーズを作る体験ができます。
さらに、自分で作ったできたてのチーズでピザを焼き、サラダ、ドリンクなどと一緒に食事を楽しむ時間も。酪農王国といわれる十勝エリアならではの体験メニューです!

・十勝千年の森
北海道清水町羽帯南10線
http://www.tmf.jp/index.php
※2016年は11月3日までの営業予定です。

5. 豚丼の新たなライバル!? 十勝清水ステーキ丼

清水町まで足を伸ばしたら、ご当地グルメも味わいたいですよね。
清水町の「牛玉ステーキ丼」は、地元産のビーフを焼いたステーキと、地元産の鶏卵を組み合わせ、味噌味で仕上げた新しいタイプの牛丼です。

牛肉も卵もそれぞれ、道内生産第2位、第3位を誇る地元の特産。すでに十勝名物となっている「豚丼」の新たなライバルとして登場した「牛玉ステーキ丼」に挑んでみませんか?

・十勝清水牛玉ステーキ丼地域活性化協議会
http://tokachi432.com/?page_id=9
※公式サイトに提供店の一覧があります

6. 秋限定の夜イベントに参加しよう!オータムフェスタin十勝川

couple_tokachi_006

この秋に十勝を訪れるなら、夜のイベントにも参加してみましょう。
十勝川温泉街近くの十勝エコロジーパークを会場に、10月15日から11月13日まで開かれる「オータムフェスタin十勝川」の目玉は、「ナイトバルーン体験」。夜空を照らす熱気球に乗って空に上がれば、きっと2人にとってロマンチックな思い出となるでしょう。

他にも、ガイドによる解説を聞くことができる「星空の観察会」、「かぼちゃのランタン作り体験」、など、秋の十勝川温泉を楽しむ事ができます。夜の時間はかなり冷え込みますので、防寒対策をしたうえで会場に足を運んでみて下さい。

・開催期間:2016年10月15日(土)~11月13日(日)
・予定開催時間:20:00~20:40
・会場:北海道立十勝エコロジーパーク

音更町十勝川温泉南18丁目1番地
http://www.tokachigawa.net/event/autumn.html

7. おすすめの宿泊はやはりここ。「美肌の湯」十勝川温泉

本記事でご紹介しているコースは十勝エリアの中心部周辺を巡りますので、帯広市街地にあるホテルや旅館に宿泊する形で全く問題ありません。飲食店も数多くあるので、夜の食事にも困ることはないでしょう。

ただ寝泊まりするだけでなく、がっつり温泉でリフレッシュしたいカップルには、やはり十勝川温泉をおすすめします。帯広市内から車で約20分の場所ですので、十勝観光の拠点としても便利です。

(ホテル大平原 http://www.daiheigen.com/)

(ホテル大平原 http://www.daiheigen.com/

当ブログでこれまでお伝えしたとおり、十勝川のモール温泉には単なる「美肌」を超え、肌をいきいきとした状態にしてくれる効果があります。彼女さん、奥さんに最高のリラックス・リフレッシュをしていただける時間になることは間違いないでしょう。

十勝川温泉にはさまざまな宿泊施設があります。露天風呂からのリバーサイドビューが素晴らしい第一ホテル豊洲亭・豆陽亭、源泉かけ流しの新露天風呂(写真)やエステバスなど、女性に嬉しい温泉施設が充実したホテル大平原、温泉や食事だけでなく、併設の牧場で乗馬体験もできるホリデーイン ホテル十勝川など、それぞれお風呂や料理、プランなどに趣向をこらしたおもてなしを用意していますので、計画の段階でじっくり検討してみて下さい。

※「オータムフェスタin十勝川」の開催期間中は、ここ十勝川温泉街から会場までの無料送迎バスが運行されます(各宿泊施設を巡回)。

・十勝川温泉(宿泊施設案内)
http://www.tokachigawa.net/spa/

旅行初日 or 最終日におすすめ。アクセスも良好な帯広市内~とかち帯広空港コース

もう一つ、帯広市街地~とかち帯広空港のアクセスが便利なおすすめコースをご紹介します。空港でレンタカーを手配されている方は、旅行の初日か最終日にぴったりのルートとなるでしょう。

1. 二人の絆が深まる(?) 恋人の聖地・旧「幸福駅」

 © tatsuo115 - Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/53952028


© tatsuo115 – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/53952028

とかち帯広空港から車で約10分のところにある、旧・広尾線幸福駅。以前から「愛の国から幸福へ」のフレーズで有名で、廃線当時の木造駅舎、プラットホーム、ディーゼルカーが保存展示されています。

その風景だけでも十分ノスタルジーを感じられるのですが、この場所は近年「恋人の聖地」に選定され、ウェディング用のドレスハウス、「幸せの広場」や小型噴水「愛の泉」も新設。恋人や夫婦のためのイベントとして、11月3日までの金・土・日・祝日に「幸福駅ハッピーセレモニー」を実施しています。

レンタルのウエディング衣装に着替え、愛のメッセージを取り交わした後、一緒に「幸福の鐘」を鳴らして記念撮影。結婚を予定しているカップルだけでなく、夫婦やファミリー、友人同士など、誰でも気軽に参加できるのが特徴です。
所要時間は30分程度ですが、きっと2人の絆を深めるイベントになるはずです。

・幸福駅
帯広市幸福町東1線 
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shoukoukankoubu/kankouka/c020201aikokukoufuku.html
※幸福駅ハッピーセレモニーの予約は実施5日前まで(幸福駅ハッピーダイヤル 0155-67-661)

2. 美しい花と一緒に写真を撮ろう。真鍋庭園

(北海道ガーデン街道協議会 提供)

(北海道ガーデン街道協議会 提供)

帯広市街地から近いところにありますが、広~い敷地に数千品種の植物が植えられ、日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園と、さまざまなデザインのガーデンエリアを散策できるスポット。お花が好きなパートナーの方なら、訪れて喜ばない理由はありません。
ガーデンの植物は手入れが行き届いていて美しい景観を見せてくれますし、写真にある、可愛らしい赤い屋根の家は絶好の撮影ポイントです。夢中になると時間を忘れて長居してしまうかも知れませんね。

・真鍋庭園
帯広市稲田町東2-6
http://www.manabegarden.jp/

3. レース観戦で興奮まちがいなし! ばんえい競馬

couple_tokachi_008

毎週土・日・月のレース開催日に当たったら、ぜひ帯広競馬場に足を運んでみましょう。日本の公営競馬のなかでもここでしか観られない、ばんえい競馬を間近に観戦できます。。

大きな身体つきのばん馬たちが重さ1トンにもなる重りを引きながら、急斜面を乗り越えていくパワーの駆け引きに興奮すること間違いなしです。
当ブログでばんえい競馬を特集した記事がありますので、チェックしてみて下さいね。

十勝といえば【ばんえい競馬】魅力満載!ばんば&とかちむらを家族や友人と楽しもう

ここ帯広競馬場の敷地内では、ばん馬やポニーたちと触れ合える動物園や、十勝の物産やグルメが充実した「とかちむら」も利用できます。旅のお土産を入手するのにも最適です。http://tokachimura.jp/

・ばんえい十勝
帯広市西13条南9丁目
http://www.banei-keiba.or.jp/
※第1レース出走は午後2時以降となる日がほとんどですのでご注意下さい

4. やっぱり本場・十勝で食べたい。「ぶたいち」のミックス豚丼

couple_tokachi_010

十勝のグルメの筆頭に君臨するのが豚丼。エリア各地にさまざまなお店で提供されているのですが、帯広市内でアクセスしやすく、味の評判も高いのが「ぶたいち」の豚丼。
そのなかでも、ロースとバラの両方を盛り付けたミックス豚丼は、2つの食感と味わいを一度に味わえるぜいたくなメニューです。炭火焼きのやわらかい豚肉をモリモリと食せば、2人で旅行を楽しむエネルギーも充実してくるでしょう。

couple_tokachi_0110

「ぶたいち」は帯広市内と音更町に計3店舗を展開(写真は帯広本店)。いずれも無料駐車場が利用できますので、レンタカーで訪れるのに便利です。

・ぶたいち 帯広本店
帯広市西8条南11丁目1−2
http://www.obihiro-butaichi.com/

couple_tokachi_013

ご紹介したスポットは、旅行初日にとかち帯広空港から帯広市内にレンタカーで向かいながら訪問できる順番になっています。
もし、最終日で空港に向かう場合は、訪問する順番を逆にすればいいのですが、「ばんえい競馬」のレースは午後の時間に行われますので、どうしてもレースを観たい場合は予定を調整して下さいね。

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる