美人の湯の真実!モール温泉で肌を再生?衝撃的効果を十勝で体感しよう

こんにちは、ぷるNavi編集部です。音更町十勝川といえば、 2004年に北海道遺産に指定されたモール温泉が湧出しています。モール「Moor」とはドイツ語で泥炭・亜炭を意味する言葉。その昔、モール温泉が湧くのは世界で2ヶ所、ドイツ南西部にあるバーデン・バーデン地方と、十勝川流域のみと言われていた時代もありました。

tokachiphoto_00359

今ではあちこちで見かける「モール温泉」の名ですが、十勝川流域に湧くモール温泉と何か違いはあるのでしょうか。「元祖モール温泉はここにあり!」と言っても過言ではない音更のモール温泉は大企業も注目。その理由とはいったい……? 「僕のヤバイ妻」の美人女優やオリンピック選手もご用達の十勝川温泉(モール温泉)の衝撃的な効果に迫ります。

十勝川温泉はどこにあるの?

写真/十勝川温泉ホテル豊洲亭

写真/十勝川温泉ホテル豊洲亭

帯広市街から車で約20分、大雪山系の裾野に広がる十勝平野。十勝平野の中央部を悠々と流れているのが、北海道第2位の流域面積を持つ十勝川。十勝川の北岸で寄り添うように湧いているのが十勝川温泉です。

北海道には数多くの温泉が湧出していますが、道内でも平野の中心に湧く温泉は珍しいと言われています。開湯は明治時代のこと。自然湧出する湯を沸かした野天風呂として、地域の人が利用したのがはじまりです。本格的に開発が行われたのは昭和初期のことでした。

tokachiphoto_00103

のちに、世界的にもめずらしいモール温泉として注目を浴び、北海道遺産に指定されるなど、誰が想像したでしょうか。

北海道世界遺産に指定されたモール温泉

北海道世界遺産は、次世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産のなかから、北海道民全体の宝物として選ばれます。2004年、音更町のモール温泉は北海道遺産に指定されました。枯渇させないための対策も選ばれた理由のひとつとなっています。onnsenn01

モール温泉の衝撃的な事実とは

最近、よく見聞きするモール温泉ですが、温泉に関する「温泉法」や温泉の分析方法を示した「鉱泉分析指針」にはモール温泉という言葉は存在しません。このように言うと驚く人も多いのですが、モール温泉とは俗称なのです。では、なぜ、モール温泉と呼ばれるようになり、全国的に広がったのでしょうか。

 

十勝毎日新聞に掲載された北大教授のコメントが呼び水に! 先人たちの熱き思い、モール温泉による町おこし

十勝川温泉がモール温泉と呼ばれるようになったエピソードはいろいろあります。なかでも、有力説として残っているのが、昭和38年、温泉の研究をしていた北海道大学教授が「十勝川温泉をモール温泉と呼んでもよいでしょう」とコメントし、十勝毎日新聞に掲載されたことにはじまるという説です。当時は現在のように交通網も発達しておらず、同じ道内に住む人でさえも、十勝川温泉を知らない人は大勢いました。この記事がきっかけとなり、先人達が町おこしに励みます。やがて、モール温泉といえば十勝川と呼ばれるまでに知名度をあげていったのです。

そもそも、モール温泉って何?

モール温泉とは植物性の有機物質を多く含んだナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉のこと。といっても、これだけでは何がどう良いのかよくわからないという声が聞こえてきそうです。

onnsenn02-3

十勝川流域には数千万年もの時をかけ、太古の時代に生息していた様々な植物が腐食と堆積を繰り返してできた泥炭、亜炭という独特の地層が眠っています。

泥炭とは長い年月をかけて植物が十分に分解されず堆積した粘土層のこと。有機質と水分をふんだんに含んでいます。

亜炭(=写真)とは泥炭からさらに長い年月を経て炭化した土壌。ミルフィーユのように幾層にもかさなりあっています。亜炭層を地下水が通りぬけることで、琥珀色に染まり、植物由来の成分が溶けこむのです。

十勝川観光協会亜炭

さらに、ミネラルバランスが絶妙な花崗斑岩の層も通ることにより、ミネラル成分が溶け込み、ろ過されて植物性温泉(モール温泉)となるのです。十勝川温泉のモール温泉が奇跡の湯と呼ばれるのは植物成分フミン物質(腐植物質)を含んでいることにあります。では、フミン物質とはいったいどのような物質なのでしょうか。

モール温泉の衝撃的な効果

肌がつるつる・すべすべになるという温泉はどこにでも湧いており、特にめずらしくありません。音更に湧くモール温泉の衝撃的な効果というのは、肌を再生させるフミン物質によるもの。フミン物質とは植物が長い時を経て分解されてできる生成物のことで、細胞の働きを整えることが研究で明らかになっています。つまり、単に肌がツルツル・すべすべになるのではなく、肌を再生させる働きがあること。これが十勝川流域に湧くモール温泉の最大の特長でもあります。

十勝川のモール温泉は大企業も注目! 有名人もご用達の化粧品にもなっています。

十勝の大地が育んだ植物性温泉水(モール水)を長年かけ、化粧品の研究・開発をしているのがアルソア本社株式会社です。僕のヤバイ妻の美人女優・木村佳乃さんやオリンピック選手浅田真央さんもご用達。玉のような素肌のヒミツはここにあり!です。

NUQUOR_0512小

写真提供/アルソア本社株式会社 ヌクォルR

アルソア本社株式会社のホームページフェイスブック

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる