十勝の人気スポットを渋滞知らずで巡る方法!電動レンタサイクルで北海道観光へ出かけよう

こんにちは、ぷるnavi編集部です。「ぷるnavi」というタイトルにもある通り、このページでは「五感で潤う」十勝川温泉の楽しみ方をいろいろとご紹介しています。十勝川温泉ってどんなところ?と思うあなたも、この記事を読み進めていけばきっと訪れたくなること間違いなしです!これから始まる一番の行楽シーズン、現地での楽しみ方をナビゲートいたしましょう。

帯広市街地から車30分!アクセス抜群の温泉地

温泉旅行の計画を立てるとき、行き先を決めた後に旅行の満足度を左右するのは、道中をどう楽しむか、ですね。宿での滞在時間以外のコースをどう組むか、ということは、旅行する方を毎回楽しませてくれる一方で頭を悩ませるポイントでもあるかも知れません。

もちろん宿にこもってのんびりするだけの旅、というのも素敵ですが、札幌から少し遠出するからには「十勝ならではの」グルメやロケーション、アクティビティを楽しみたいですよね!

十勝川温泉は、札幌から車で約3時間〜3時間30分(高速道路経由)。帯広市もすぐそこで、車30分以内で中心部に到着します。音更、帯広は食の宝庫。宿に泊まる前後も、お腹いっぱいにならざるを得ない、お楽しみが目白押しです。アクセスしやすいので、宿泊当日でも、翌日も、十勝川温泉だけでなく音更〜帯広市をぐるりと観光する時間を確保しやすいのが特長です。

宿泊当日にめいっぱい散策して遊びたい方は、朝9時には札幌を出発し、お昼頃に十勝川温泉に到着していると理想的です。宿泊の翌朝に遊ぶなら、朝早くから散策に出かけてみてください。この記事では、「宿泊した翌朝」の過ごし方をみなさんにお届けします。

早朝熱気球は朝の名物!3分間の絶景トリップ

皆さんは熱気球に乗ったことがありますか?ここ、十勝川温泉街では、朝早くから気球で地上30メートルの景色を楽しむことができます。晴れた日には十勝平野、日高山脈、大雪山系まで眺めることができ、その一大パノラマは圧巻!約3分の絶景トリップは一度体感すると忘れられない思い出に。十勝の雄大な土地を、鳥になった気分で眺めることができます!時間は、朝6時30分〜7時30分(7,8月は朝6時〜7時30分)。条件が揃えば、毎日運行しているので、予約は不要!(風速3m/s以上の場合は見合わせ)詳細はこちらのページにも書いています。

img_01

十勝川温泉観光ガイドセンターでレンタサイクルを借りよう!展望台まで電動アシストが嬉しい!

早朝気球体験の後は、宿に一度戻って美味しい朝食を。宿泊施設によって朝食のお楽しみもいろいろです。十勝産素材をたっぷり堪能してください。十勝川のロケーションを散策してみましょう。

img_02

十勝川温泉観光ガイドセンターでは、電動レンタサイクル「ぶらちゃり」のレンタルを始めました。

10701955_504199683015980_218152726686561741_n

十勝川温泉周辺散策は、十勝川温泉観光協会ガイドセンターにある「ぶらちゃり」で決まり!(by十勝川温泉ゆるキャラ モ〜るちゃん)空きがあれば、ガイドセンター営業時間内(9:00〜18:00)にいつでも借りられます。ご利用料金は、温泉宿泊者の方は、1時間300円、4時間1,000円。
十勝川や白鳥大橋など、「十勝らしい」景色を一望できる「十勝ヶ丘展望台」までの道は比較的急な坂道なのですが、電動アシスト機能でスイスイ登ることができますよ!

img_04

10487202_504199696349312_5709606369863317636_n
さあ、出発しましょう!

花の時計「ハナック」へ

img_main

人気の撮影スポットになっている「ハナック」は一度訪れたいスポット。秒針の長さ10メートル10センチの大きな花時計を中心に、広い芝生広場が広がります。木製のアスレチック遊具が、お子様のいるファミリーに好評です。炊事遠足広場や多目的広場など、十勝の大地にふさわしい雄大な公園は日帰りでも楽しめるスポット。公園近くには十勝平野を望む「十勝ヶ丘展望台」もあります。

img_02-1

2016年6月25日(土)から、7月24日(日)の期間は、イベント「ハナックと花ロード」を開催予定!

img_03-1

ガイドセンター南側にもこんなにお花がいっぱいになるんです!春から夏にかけて、周辺の緑も濃くなります。色とりどりのお花とのコントラストが目の保養になりそうですね。

足湯で休憩

img_04-2

ハナックの近くには、モール温泉を楽しめる足湯があります。花を眺めながら足湯にのんびり使ってくださいね。

img_03

「足湯」の情報をもう一つ。ガイドセンターの近くにも足湯があります。こちらは24時間営業しているので朝の散歩にもおすすめです!

十勝ヶ丘展望台でパノラマ撮影!

12928401_723349647767648_8016961926098832683_n
ご覧ください、この見渡す限り青い空と緑の景色!こちらはハナックから坂を登ったところにある「十勝ヶ丘展望台」です。高台ですが、電動アシスト自転車があれば楽々。この景色は、十勝川温泉に来たからには必ず見ていただきたいです。子どもの頃に絵の具を目一杯使って描いたような、鮮やかな色に目が覚めますね。晴れていて、空気がすっきりしている日は遠く日高山脈や大雪山系まで見えることもあるんです。

温泉街にあるラーメン屋さん「田楽」でぐつぐつ鉄鍋ラーメンのランチ

fea_l_01

北海道に来たら一度は食べたいラーメン!札幌のラーメン通もきっと唸る味!「ラーメン田楽」の、自家製麺の鉄鍋ラーメンを食べれば、「ラーメン」の常識が変わるかもしれません。原料にこだわった手作りの麺、十勝産大豆を使用した本醸造醤油をスープに生かし、自然塩とアルカリイオン水を使用して、さらには十勝川に遡上するサケのさけ節からとったスープ。まろやかでコシの強い自家製麺との相性は最高です。写真のラーメンは「辛みそあつ麺」960円。

このほか「特級豚そば」や、

麺処-田楽_辛みそラーメン

帯広名物の豚丼も。

麺処_豚丼-1

古民家をリノベーションした店内はくつろげるのでつい長居してしまいそう。奥の小上がりも利用できますよ。

麺処-田楽_内観2

(出典:http://o-dengaku.com/

湯めぐりも楽しみの一つ!

日帰り入浴の「入り比べ」も、時間があるなら是非試したいと思いませんか。十勝川温泉では複数の源泉があり、施設によって浴槽やお湯もそれぞれ異なります。

日帰り入浴ができる施設一覧

十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭・豊洲亭

img_02-2
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/daiichihotel.html

十勝川温泉街に入ってすぐのホテル。浴場は庭園風呂、1階、2階まであります。2階の露天風呂は源泉掛け流し。モール温泉のジャグジーバスも人気です。

観月苑

img_1397870208_2_l

(出典:http://www.kangetsuen.com/photo/?id=1326250198

内湯にはヒノキを浮かせた浴槽があり、開放的でゆったりとくつろげる大浴場が特長。十勝川白鳥大橋を眺めることができる岩露天風呂も源泉掛け流しです。
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/kangetsuen.html

笹井ホテル

img_02-4
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/sasaihotel.html

「笹井源泉」の名の通り、濃い自家源泉を持つホテル。浴槽の底が見えないくらい濃いお湯です。さながらローマ風呂のようで、開放感を感じられます。

ホテル大平原

img_02-3
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/daiheigen.html

最近露天風呂をリニューアル。モール温泉の他、エステバス(マッサージ効果のある水流が楽しめるお風呂)もあります。

国際ホテル筒井

img_02-6
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/tutui_h.html

山々の景色を間近に眺める岩露天風呂が特長です。

富士ホテル

hotspring_img_03
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/fujihotel.html

富士ホテルでは貸切風呂の日帰り入浴ができます。カップル・ご夫婦や小さいお子様のいるファミリーにもおすすめですよ。

ホリデーインホテル十勝川
http://www.tokachigawa.net/spa/stay/h_tokachigawa.html

写真ではお伝えできないのですが、こちらでも日帰り入浴を受付しています!

lbimg_03

それぞれ営業時間が異なりますので、事前に確認してくださいね。
十勝川温泉は、「モール温泉」。
モール温泉は「美人の湯」とも呼ばれています。お湯は茶褐色で肌当たりが柔らかく、入浴後は肌がしっとりすべすべに。「美容液にとっぷりと浸かるような感覚」というお客様もいらっしゃいます。
複数の温泉を試してみて、お気に入りを探すのも素敵ですね。時間があるようなら、ぜひ湯巡りしてみてください。

頑張って遠出をするならこちらへ!「白樺並木」のど真ん中を走ってドラマ気分

11144965_629733230462624_8270296294810668580_n

十勝川温泉街から自転車で1時間〜1時間半こぐと、あの朝の連ドラロケ地にもなった「白樺並木」に到着できます!この道をひた走る爽快感は他では味わえそうもありません。

十勝川温泉周辺〜音更町のサイクリングスポットをご紹介しました。十勝はとにかく広く広大なロケーションが自慢です。時間にもゆとりを持って計画を立て、旅行を150%楽しんでいただければ嬉しいです!

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる