わざわざ買いに行きたい!十勝でおすすめのパン屋さんまとめ4選

(トップ画像クレジット:ⓒhttp://www.masuyapan.com/

焼きたてのパンの香りはいつも私たちに幸せを運んでくれます。十勝は小麦の生産量も多く、地場産の小麦で作る手作りパン屋さんがたくさんある「北海道のパン屋のメッカ」ともいえるエリアです。お腹が空いている方には、いわゆる「飯テロ」になってしまうはずですが、「ここは外せない!」というおすすめのパン屋さんをご紹介致します!

麦音

15283970_364771687207298_6433190042548340707_n

(出典:公式Facebookページ

十勝産小麦と食材にこだわったパン屋さん「麦音」は、オープンデッキがあり過ごしやすさ抜群。朝早くから営業しているので、「朝カフェ」にピッタリ。すがすがしい朝の空気を吸いながらいただく焼きたてパンに、畑の風景もごちそうです。

15326380_628259294028942_8939423418522501066_n

(出典:公式Facebookページ

麦音は、帯広の老舗パン屋「満寿屋」のフラッグシップ店。十勝産小麦と食材にこだわったパンやサンドイッチが常時100種類以上揃そろいます。
おかずパンから、小麦の素朴なおいしさを塩で味わう塩バターロール、フルーツデニッシュや石窯ピザ、つまめるパンからシェアしたいパンまでズラリ。お店で人気のパンは、「とろ~りチーズ」。1日最大500個売れる超人気商品です!

Photo 2月 01, 18 17 47

(出典:公式ホームページ

コーヒーなど飲み物もあるので、パンと飲み物を片手にゆっくり「朝カフェ」を堪能してみてはいかがでしょうか。あすなろ牛乳のソフトクリームも食べられて、おやつタイムにもぴったりです!

▼詳細情報
イートインスペース:あり(テラス席あり)
住所:帯広市稲田町南8線西16-43
TEL:0155-67-4659
営業時間:6:55~20:00
駐車場 100台(無料)
http://www.masuyapan.com/shop/index.php

 

満寿屋本店

ますや本店アンパン

(出典:公式ホームページ

創業1950年の満寿屋本店は、帯広市の繁華街の中心部にあるお店です。満寿屋グループは先ほど紹介した麦音も含めて、全店舗で十勝産小麦100%というこだわりです。国産でも、道産という表記でもない、正真正銘の地元十勝産の小麦で作られるパンはどれもストーリーがあります。

ますやがいかん

(出典:公式ホームページ

その中で作られているパンは各店舗毎のテーマに沿って違う顔を持ちあわせています。当時の雰囲気を生かした看板が目印。店内では懐かしい雰囲気のパンを取り揃えています。菓子パンが人気で、十勝産小豆を自社で炊いたこしあんを使ったアンパンや、クリームパンが人気です。

▼詳細情報
イートインスペース:なし
住所:帯広市西1条南10丁目2
TEL: 0155-23-4659
営業時間:8:00~18:00(月~土)  8:00~16:00(日)
※年末年始のみ休
駐車場 なし
http://www.masuyapan.com/

十勝ベーグルカフェ プールトゥ

14242261_822839537852633_7532072980464094731_o

(出典:公式Facebookページ

安心・おいしい・ヘルシーがコンセプトの、ふっくらもちもち「十勝ベーグル」。北海道産、十勝産の小麦を使い、十勝産のビートを使ったやさしい味のベーグルが食べられます!

ベーグルのおいしさの決め手は何と言っても「もちもち感」。十勝ベーグルでは、このもちもち感を出すことにとても力を入れています。一番ベーグルがおいしくなる小麦の配分を考え、独自にブレンドされていて、そのおいしさにリピートする人多数です。

ベーグルの種類は10~15種類。噛むほどに小麦の優しい甘さがひろがるプレーン、そのままでも美味しいキャラメルチョコがたくさん入ったキャラメル味、北海道産かぼちゃを練り込んだ黄色のかぼちゃベーグル、くるみの香ばしさといちじくのプチプチとした食感が楽しめるいちじくとくるみ、他にもよもぎ甘納豆、ミルクココアなどのほか、ベーグルの中に具材が練り込まれた限定ベーグルも。変わり種あれば定番もあり、選ぶのが楽しくなりますよ。

Cjm-Ab0UYAABB7s

(出典:公式Twitter

ランチタイムはベーグルサンドやパスタもあります。ソファ席でゆっくりと座りながら食べる時間は、おしゃべりの輪にも花が咲きそうですね。

▼詳細情報
イートインスペース:あり
住所:帯広市西4条南28丁目2-4
TEL:0155-20-6688
営業時間:11:00~19:00(火曜定休)
駐車場 15台
http://bagels.jp/

髙橋菓子店

金時豆をたっぷり使った食パンが大人気!

金時豆をたっぷり使った甘納豆食パンが大人気!

 

 

最後にご紹介するのは、足寄町にある「髙橋菓子店」。写真がないのでイメージ写真でごめんなさい。こちらのお店、地元民の方々には「高パン」(たかぱん)の愛称で親しまれています。

もう絶対に外せないのが、「甘納豆食パン」。町外から、このパンを買うためだけに2時間ドライブをする方も少なくありません。ふわっふわでありながら弾力も楽しめる食パンは、ついつい食べ過ぎてしまう”やみつき食感”。

食パン類は開店と同時に争奪戦になるほど。本食は予約でも購入できるのですが、甘納豆パンは焼きあがりにあわせて並ばないと買うことができないんです。

焼き上がりは1日に1回、時間は14時。その時間に20斤限定で販売されます。和菓子にも使う上質な金時豆が食パンの中にごろごろと入っています。

1斤と言わず、2斤3斤と買って帰る人も多いのだそうです。食パンと言えばふつうはスライスして食べますが、焼きたての「熱々&ふかふか」のパンを手ちぎりで食べるのが「高パン」ファン流。ぜひ焼きたてを食べに足寄まで足を運んでみてはいかがでしょう。

▼詳細情報

足寄郡足寄町北2条1丁目25
TEL:0155-25-2272
営業時間:10:30~19:00(日曜定休)
駐車場:あり

まとめ

どのパン屋さんにも個性がありますよね。
産地のこだわり、味のこだわり、提供のタイミングのこだわりと様々。おいしそう!と感じたらぜひ足をお運びくださいね。
まちで愛されるパン屋さんは、買う人の笑顔もつくっているのかもしれません。年末年始のお出かけに、冬休みのお出かけに、今度はパン屋さんをめぐるのもいいかも知れませんね。きっとおいしい、暖かな気持ちの旅になるはずです!

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる