十勝を拠点に旅をしよう!道東の秘湖めぐりで運気アップ【パワースポット】

雪解けが進み、新緑の春へ向かう道東。凍りつく厳しい冬の間、地面の中でじっと耐え抜いたふきのとうやアイヌネギが大地から芽吹いて生命力の高まるシーズンです。静かな湖畔で神秘を感じる旅に旅へ出かけたくなるのもこのシーズンでもあります。今回は帯広・十勝を拠点に道東の秘湖めぐりの旅へ。北海道の国立公園と国定公園、北海道遺産をキーワードにお届けします。文末にはお得な定期観光バスのリンクも入れましたので、本日も、最後までおつきあいくださいね!!

帯広・十勝の湖といえば大雪山国立公園の然別湖

JR帯広駅からバスで1時間30分、十勝管内鹿追町にあります。大雪山国立公園にある唯一の自然湖でもある然別湖は標高810メートルで、道内でもっとも高い位置にある湖です。およそ3万年前古代の火山が噴火してできた堰止湖で、周囲は約13kmあり、原生林に囲まれています。パワースポットとしても名高く、湖の北側には「弁天島」も!! また、然別湖の近くには北海道三大祕湖のひとつ「東雲湖」もあるので、足を運んでみたいところです。

写真:とかち観光フォトライブラリー(然別湖カヌー)

写真:とかち観光フォトライブラリー(然別湖カヌー)

住所/北海道河東郡鹿追町然別湖畔
☎0156-69-8181
鹿追町観光協会 http://www.shikaoi.net/

釧路の湖といえば阿寒国立公園内の阿寒湖

阿寒国立公園は1934年に「大雪山国立公園」「日光国立公園」と並び、日本で2番めに指定された国立公園です。阿寒湖は道東を代表する観光地で、北海道で5番目に大きい淡水湖でもあります。遊覧船で見られる特別天然記念物のマリモやアイヌコタンなど見どころの多く、温泉郷でもあるので、宿泊してゆっくり散策したいところです。

写真:阿寒湖観光ナビフォトギャラリー

写真:阿寒湖観光ナビフォトギャラリー

住所/釧路市阿寒町阿寒湖温泉2−6−20
☎/0154-67-3200
NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 http://www.tokachigawa.net

北海道遺産にも選定された阿寒国立公園内の摩周湖

弟子屈町にある摩周湖は日本でもっとも透明度が高く、世界でも2番めというから見逃せません。晴れた日の摩周湖は「摩周ブルー」といわれるほど美しい青を創出し、訪れた日の目を楽しませてくれます。摩周湖の名はアイヌ語のカムイシュに由来、アイヌ語ではカムイ=神、山の神の湖とい呼ばれているのです。ところで、摩周ブルーを一目見たいと何度も訪れているのに、直前で霧や雲がかかってお目にかかれなかったという声もよく聞きます。これはやはり、神様の仕業でしょう!? いや、普段の行いかもっしれません!? おかげさまで筆者は摩周ブルーを見られました。

弟子屈(てしかが)ナビ http://www.masyuko.or.jp/pc/sightseeing/masyuko.html

十勝・足寄のオンネトーも阿寒国立公園内! 北海道三大秘湖のひとつ

足寄市街地から東へ約50キロほどのところにある「オンネトー」も、阿寒国立公園内に位置します。東雲湖やオコタンペ湖と並び、北海道三大秘湖です。湖面に映る雌阿寒岳、阿寒富士が オンネトーの南東側には天然記念物である「オンネトー湯の滝」もあり、こちらも見逃せません。

写真:とかち観光フォトライブラリー オンネトー

写真:とかち観光フォトライブラリー オンネトー

NPO法人あしょろ観光協会 http://www.ashoro-kanko.jp/

オホーツクの湖といえば網走国定公園内のサロマ湖

サロマ湖は北見市、佐呂間町、湧別町と1市2町にまたがる湖で、網走国定公園内にあります。貴重な植物の原生園でもあり、湖の東側にあるワッカ原生園は北海道遺産に指定されているのです。海岸各地に景勝地もあり、ホタテや牡蠣(カキ)の養殖も盛んなので、景色もグルメも堪能できます。これは行かねば!!

写真:佐呂間町役場

写真:佐呂間町役場 展望台からみたサロマ湖

佐呂間町役場 https://www.town.saroma.hokkaido.jp/index.html
☎01587-2-1200(経済課観光商工係)

道東の旅はエコでお得な定期観光バスもおすすめ!

bus_photo05定期観光バスの旅の旅もエコでお得です。定期観光バスなら、レンタカーの手配や観光地の場所など事前確認の手間もかからず、とっても楽チン。道中で購入したご当地グルメを楽しみながら、窓の外の風景を楽しんでみては? 筆者は広々とした北海道の風景をぼーっと窓越しに眺めるのが趣味なのです。期間限定のものもあるので、リンク先でチェックしてくださいね。

阿寒バス株式会社のホームページ
「摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖の道東の3湖を巡る1日周遊切符」などの発売があり、お得な定期観光バスの旅もおすすめです。

十勝バスのウェブサイト
「”とかち”まるごと観光きっぷ」は見どころも盛りだくさん!!

ひがし北海道エクスプレスパス
各空港と観光スポットを結ぶバスがズラリ!!

観光の語源は中国古典の「易経」の「国の光を観る……」の一節に由来します。ということで、「旅道楽+食い道楽=国の光を観る」という、筆者は勝手に拡大解釈を加えて心置きなく楽しみました。今回、紹介した湖はパワースポットとしても有名なところなので、たっぷり楽しみイキイキとした空気を職場へ持ち帰って「仕事運」もアップさせてくださいね!! もちろん「家庭運」「恋愛運」のアップにいいところなので、ぜひ!!

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる