日帰り入浴もOKワイルドな山奥の秘湯で十勝を満喫!大自然でデトックス

夏の終わりから秋へ向かう北海道は観光のベストシーズン。温泉にグルメ、アウトドアと楽しみは尽きることなく続きます。今度の休みは十勝で人気、野趣あふれる山奥の秘湯へドライブしませんか。雪のないシーズンは運転もしやすく、女子同士の日帰りドライブ旅行にもおすすめです。お出かけるだけで、様々な効果を期待できるムード満点な山奥の秘湯を選りすぐりで3軒、ご紹介します。

開湯大正3年、オンネトー近くの山の宿・野中温泉別館

足寄町の東部・阿寒国定公園に位置する活火山雄阿寒岳の恵みを受けた温泉。近くには、北海道三大秘湖と呼ばれるオンネトーもあり、北海道でも有名な観光スポットです。エゾマツの原生林に囲まれた湯宿が人気。自然湧出の自家源泉なのもうれしい点です。トドマツをふんだんに利用した浴室には、泉質は含硫黄ーカルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉の湯が湧き、訪れる人の心を魅了しています。

野中温泉別館
住所:北海道足寄郡足寄町茂足寄159
TEL:0156-29-7321
日帰り入浴料金:350円
日帰り入浴可能時間:9:00~20:00
フェイスブックhttps://www.facebook.com/Nonakaonsen/?fref=ts

【音更町出身ナチュラルママ思い出のひとこと】
野中温泉は、夜ごはんがカレーライスだったり、かなりアットホームだった記憶があります。綺麗な湖(オンネトー)が近くにあるのもよいところ。歩いていけますよ。

原生林に囲まれた秘湯、然別峡かんの温泉

DSC_7692-thumb-580xauto-17

写真提供:然別峡かんの温泉

原生林の中にひっそりと湧く湯宿。100年以上の歴史があり、自噴源泉で100%かけ流しです。泉質は食塩鉱泉。皮膚病や胃腸病、婦人科疾患、肋膜によいといわれています。「かんのの湯で治らぬ病いはない」と言い伝えがあるほど、良質の湯が湧いています。

DSC_7654-thumb-580xauto-13

写真提供:然別峡かんの温泉

然別峡かんの温泉
住所:北海道河東郡鹿追町字然別国有林145林班
TEL:050-3236-8039
日帰り入浴料金:大人650円、中学生300円、小学生200円、幼児無料
日帰り入浴可能時間:10:00~20:00

URL http://www.kanno-onsen.com
Facebook https://www.facebook.com/kannoonsen

【音更町出身ナチュラルママ思い出のひとこと】
然別峡かんの温泉はいろんな温泉があります。いろいろ入って楽しめます。子どもの頃、記憶に残っているのは、温泉の岩壁に蛇の抜け殻があってギャーッとなったのを覚えています。露天風呂に鹿が降りてきたり、そんな記憶のある温泉です。

野趣あふれるワイルドな山奥の秘湯 幌加温泉鹿の谷

IMG_1745

写真提供:上士幌町観光協会

帯広から北へドライブすることおよそ1時間。上士幌の市街地から糠平温泉街を通り抜けて、三国峠方面へ向かう途中、東大雪山麓に湯けむりをあげる幌加温泉鹿の谷があります。ニペソツ山(標高2013メートル)の登山口もあるため、登山の利用客も多いのだとか。店主高齢につき、宿泊予約はファックスでするという噂も! 日帰り入浴可能、入浴時間についてはタイミングがあえば、ということらしい。うーん、ワイルドですね。泉質はナトリウム塩化物泉、カルシウム硫化塩泉、含鉄泉、硫黄泉です。

Kanoya_Roten3 (1)

写真提供:上士幌町観光協会

幌加温泉鹿の谷
住所:北海道河東郡上士幌町幌加
TEL:01564-4-2163
日帰り入浴料金:500円
日帰り入浴可能時間:9:00〜20:00

問い合わせは上士幌観光協会でも可能
電話:01564-4-2224

URL http://www.kamishihoro.info/
Facebook https://www.facebook.com/visitkamishihoro

【音更町出身ナチュラルママ思い出のひとこと】
幌加温泉は古くて年季の入った温泉です。近くにある三股山荘で山菜ラーメンを食べて帰ってきました。思い出の場所です。

豆知識! 山の温泉と海の温泉、転地効果に違いはあるの?

都会の喧騒や日常生活から離れ、自然豊かな温泉郷でゆったりすごす……。いつもと違う環境で五感を刺激することで、人間が本来もつ自然治癒力にスイッチが入るといいます。これが転地効果です。

では、温泉地ならどこでも同じ転地効果があるのでしょうか。実は海の温泉と山の温泉には泉質以外にも違いがあるのをご存知でしたか。たとえば、海辺の温泉は気圧の変化が少なく、海の青い色や開放感のあるロケーションにもリラックス。これにより副交感神経が優位になります。

tokachiphoto_00093

三国峠

一方、山奥の秘湯の場合はどうでしょうか。当然ながら標高が上昇するごとに気圧は低下、昼夜の気温差も大きくなります。山奥の秘湯では交感神経が活発になり、気分がシャキッとすると効果があると言われているのです。

のんびりと癒やされたいですか。それとも元気アップをしたいですか? 気分や目的で温泉地を選んでみてはいかがでしょう。

参考文献:とかちマメスロウ(クナウマガジン)、とっておきの日帰り温泉(JAF出版社)、日本の名湯を旅する(JAF出版社)

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる