日本一の消費量!池田町のワインと楽しむ絶品レシピ7つ【永久保存版】

こんにちは!ぷるnavi編集部です。今週の女子会の予定を立てていたら、ワインが飲みたくなりました。今回は「日本で一番ワインを飲んでる街が、北海道にあるらしい」という話を伺い、北海道・池田町を調査します!後半は「ワインに合う簡単お料理レシピ」もありますのでお楽しみに!

日本一ワインを愛する町「池田町」

「池田町民は日本一ワインを良く飲んでいる」と言われています。池田町民(成人)一人当たりの1年間のワインの実消費量は10リットル以上。驚く事に、日本人の平均の4~5倍に相当するそうです!更に、池田町では授業の一環でワイン収穫、成人式では自分の生まれた年のワインで乾杯するらしいです。すごい!お酒好きには何とも羨ましい!ワインの英才教育です!町の財政危機を救ったのもワインなので、町民の皆さんにとって「十勝ワイン」は英雄なんですね。
【池田町観光協会】ホームページ:http://www.kankou-ikeda.com/

芳醇なブドウの香り漂う「ワイン城」へ

abb14dc9ba31c2c73b7cec0a013278e2_mこちらは十勝にある、「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」です。ヨーロッパ中世の古城に似ていることから「ワイン城」と名づけられたそう。確かに、厳かな雰囲気がお城っぽいですね。
【池田町ブドウ・ブドウ酒研究所】〒083-0002 北海道中川郡池田町清見83番地
【電話】 015-572-2467【FAX 】015-572-3915
【ホームページ】http://www.tokachi-wine.com/

十勝ワインの魅力を探る秘密のガイドツアー?!

Camera 360ワイン城では、ワイン城ガイドツアーも行っています。普段は見る事の出来ない制作工程を知る事で、十勝ワインがグッと身近に感じられそうです。
【参加費】無料【各回定員】 20名、毎日3回(11時30分 13時30分 14時30分)
【時間】約20分※ワイン祭り当日、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆時期などは休みとなります。
【ガイドツアーのお問い合わせ先】池田町観光協会: 015-572-2286

調査の結果、池田町はワインの聖地だったという事が良く分かりました。こんな町で成人式を迎えたかったです!それでは、ワインにぴったりの、「夏のスタミナ&さっぱり爽やかレシピ」を紹介します!

さっぱり、タコのカルパッチョ(2~3人分)

カルパッチョ【材料】
茹でダコ・・・約100g
玉ねぎ・・・半分
グリーンリーフやレタスなど・・・適量

ドレッシング(イタリアンなどお好みで)・・・少々
黒コショウ・・・少々
【作り方】
1.タコを2mm位の薄切りにする。グリーンリーフは水けを切る。
2.お皿にちぎったグリーンリーフを敷いて、上にタコを並べる。
3.スライスして水にさらした玉ねぎをのせ、ドレッシングをかける。
4.黒コショウをかけて出来上がり。
【ポイント】タコや白身魚など淡白な食材には、白ワインが合います。

濃厚!マグロとアボカドのタルタルサラダ(2人分)

アボカドとマグロのサラダ【材料】
マグロの中落ち・・・100g
アボカド・・・1個
マヨネーズ・・・大さじ2
わさび醤油・・・少々
ポッカレモン・・・お好みで
イクラ(飾り)・・・少々
【作り方】
1.アボカドは縦半分に切り、種は除く。
2.アボカドの果肉をスプーンでくり抜く。少しフチは残す(A)
3.果肉とマグロをマヨネーズで和える。
4.(A)の中に、和えたものを詰める。
5.わさび醤油を乗せ、レモンを垂らす。
6.イクラを乗せ、完成。
【ポイント】アボカドの代わりに刻んだ玉ねぎ、ツナを使っても良いです。

ニンニクが食欲を刺激!魚介のアヒ―ジョ(2~3人分)

アヒ―ジョ【材料】
冷凍むきえび・・・70g
イカやルーム貝などお好きな魚介類・・・適量
ミニトマト・・・3~4個
キノコ類(あれば)・・・1パック
オリーブ油・・・大さじ4
アヒ―ジョの素・・・1袋(5g)
【作り方】
1.えびは解凍して、キノコ類を食べやすい大きさに切る(A)
2.小鍋に魚介類とトマトを入れ、(A)とオリーブ油を加える。アヒ―ジョの素を入れ、よく混ぜる。
3.ふたをして煮込む。焦げやすいので時々かき混ぜる(約5分)
【ポイント】便利なアヒ―ジョの素を使い、時短で作りましょう。素はスーパーで売っていますよ。

アサリとバジルの爽やかワイン蒸し(2人分)

あさりとバジルの酒蒸し【材料】
砂抜きアサリ・・・1パック
塩・コショウ・・・適量
白ワイン・・・1カップ
オリーブ油・・・適量
バジル・・・適量
【作り方】
1.アサリをオリーブ油で炒める(弱火)
2.アサリに白ワイン、塩・コショウを加える
3.最後に、香りづけにバジルを入れる。
4.アサリのふたが開いたら、完成。
【ポイント】余ったアサリに茹でたパスタを絡めても美味しいです。

牛肉のタリアータ(2人分)

牛肉のタリアータ
【材料】
牛肉・・・250g
塩・コショウ・・・適量
マジックハーブ(クレイジーガーリックでも可)・・・適量
バルサミコ酢・・・大さじ3
赤ワイン・・・大さじ2
【作り方】
1.牛肉に塩・コショウし、強火で焼く。
2.こんがりとキツネ色になるまで焼き、冷めたら薄切りにする(A)
3.バルサミコ酢と赤ワインを弱火で煮詰め、ソースにする。
4.(A)にソースをかけ、完成。
【ポイント】牛肉はカリッと焼きましょう。暑い夏を乗り切るスタミナ満点のレシピです。

さっぱり!エリンギとズッキーニのバルサミコソテー(2人分)

エリンギとズッキーニのバルサミコソテー【材料】
エリンギ・・・1パック
ズッキーニ・・・半分
オリーブ油・・・少々
バター・・・少々
バルサミコ酢・・・大さじ1
塩・コショウ・・・お好みで
【作り方】
1.エリンギは縦に食べやすい大きさに切る。
2.ズッキーニは輪切りにし、1mmぐらいの薄さにする(A)
3.(A)をオリーブ油で中火にし、炒める。
4.火が通ったら、バターを入れる。塩コショウをふる。
5.最後にバルサミコ酢を入れ、火を止め完成。
【ポイント】タリアータに使ったバルサミコ酢を有効活用しましょう。バルサミコ酢の効果で、さっぱりと食べられます。

デザートにも。クリームチーズと蜂蜜のトースト(2~3人分)

クリームチーズと蜂蜜のトースト【材料】
フランスパン・・・約半分
クリームチーズ(kiri)・・・2個
蜂蜜・・・適量
ミントの葉(あれば)・・・少々
【作り方】
1.クリームチーズは常温に戻すか、レンジで10秒チンする。
2.フランスパンを半分にし、1.5㎝ぐらいの厚さに切る(A)
3.(A)にクリームチーズを塗る。
4.トースターでキツネ色になるまで、3分ぐらい焼く。
5.上から蜂蜜をかけ、ミントの葉を飾る。
【ポイント】クリームチーズの代わりにブルチーズでも美味しいですよ!デザートやブランチのワインのお供にどうぞ。

以上が夏のスタミナ&さっぱり爽やかレシピです!楽しくほろ酔いながら暑い夏を乗り切りましょう♪

十勝川温泉観光協会サイトへ 十勝川温泉観光協会サイトへ

この記事をSNSでシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします

おすすめの記事

TOPにもどる